生活協同組合連合会 コープネット事業連合 様

実際にユニフォームを制作いただいた生活協同組合連合会 コープネット事業連合 様へ行ったインタビューを紹介しております。
  • 店頭
  • スタッフ
  • ウエスタンロゴ

営業している店内の様子を取材!

店内の様子とユニフォームを着て働いている様子を撮影させて頂きました。

インタビュー開始!

会社外観

本日の取材にご協力頂くのは、店舗管理部の佐藤様です。今回の取材を快くお引き受け頂きました。
会社の入口に入りましたら、担当者の方が1Fの受付で出迎えてくれました。
では、インタビュー開始です。

きっかけについて質問 モデルチェンジの理由

川田
増井

ユニフォームのモデルチェンジを決めた理由はなんですか?

グループとしての理念を策定 ユニフォームの統一

佐藤様

コープネットグループとしての理念やビジョンを策定、グループのシンボルマーク(グリーンバルーン)を定めた事もあり店舗における象徴的なアイテムとしてユニフォームの統一、モデルチェンジを計画しました。
これまでは、各生協のユニフォームはバラバラであり、上記のイメージUPと合わせ統一した運用管理によるコスト削減も図りました。

デザイン 重視したもの

川田
増井

何を一番重視してデザインを決められましたか?

コスト優先 適合性で判断

佐藤様

コストが一番優先でした。
次に、機能性、コープネットグループのシンボルマークやイメージカラーなどとの適合性で判断しました。

東京ユニフォームに依頼 きっかけ

川田
増井

東京ユニフォームに依頼したきっかけは?

理念やビジョン 条件にあったユニフォーム

佐藤様

各生協のユニフォームを統一するに当たり、それぞれの生協のユニフォームをご担当頂いていたお取引様にご協力いただきました。
コープネットグループとして理念やビジョン、シンボルマークなどの条件を提示させて頂き、ユニフォームのデザインや機能、品質、コストなど10数社のコンペを行い、一番条件のあったユニフォームを採用しました。

求めるサービス よかった点

川田
増井

今の担当営業マンに依頼してよかった点と今後東京ユニフォームに求めるサービスを教えてください。

根気良く サポート

佐藤様

思ったよりも大変な業務内容だったと思いますが根気良く?誠意を持って対応頂いております。
全生協への導入切替が今春終わりますがこれで終わりではなく通常運用でのサポートも今後お願いしたいです。

最後の質問 ユニフォームの必要性

川田
増井

最後にユニフォームの必要性とは何ですか?

目標を実現 姿勢や身だしなみ

佐藤様

コープネットグループ店舗事業の目標である「こころ あったまる コープのお店」を実現させるため
あるべき職員の姿勢・身だしなみに必要不可欠な物です。
「清潔で」「衛生管理が行き届き」「安心・安全で」「お客様の声を聴き」
「お客様の対話が溢れる」そんな生協、職員の姿勢がお客様に届くよう身だしなみを整え笑顔の接客でお客様に応えて行きたいです。

エピローグ

会社外観

生活協同組合連合会 コープネット事業連合様

http://www.coopnet.jp/

取材日時:2008年3月25日

ページトップへページトップへ