ドキわくランド 様

実際にユニフォームを制作いただいたドキわくランド 様へ行ったインタビューを紹介しております。

早速ホールにて取材を開始!

本日の取材にご協力いただくのは、ドキわくランドのスタッフ様です。

【お客様の業務内容】
遊技事業。
東京・神奈川・静岡にて8店舗のパチンコホールを展開しております。

インタビュー開始!

きっかけについて質問 ユニフォームの導入について

武井

ユニフォームのモデルチェンジを決めた理由を教えて下さい。

ドキわくランドスタッフ レギュラー店舗と違うユニフォーム

吉田様

昨年店舗名を『ドキわくランド』に統一したため、ブランディングの一環として行いました。

必要性について ユニフォームの必要性

武井

何を一番重視してデザインを決められましたか?

作業服について ドキわくランドのスタッフ

吉田様

『すべての人に感動を!』を経営理念に掲げており、日頃からお客様の満足向上に努めておりますので、「ドキわくランド」のすべてを案内できる‘総合案内人’にふさわしい制服を創ろうというのがコンセプトでした。そこで、‘デザイン性’を最も重視し、ついで‘機能性’として着る人間の負担を軽減する素材やポケット等にこだわりました。

東京ユニフォームに依頼 身に着けるもの

武井

東京ユニフォームに依頼したきっかけは?

依頼したきっかけ タイミング

吉田様

複数社にデザインコンペを行い、東京ユニフォームを選びました。

お礼 心のサービス

武井

今の担当営業マンに依頼してよかった点と今後東京ユニフォームに求めるサービスを教えてください。

サロペット 完全オリジナル

吉田様

【よかった点】
縫製段階で上海工場の下見の同行もでき、多くの人の手をかけて作製している過程を体感することができました。その結果、制服を大切に扱うような指導にもつながりました。また、導入後、個別サイズへの対応について、丁寧に相談にのっていただきました。
【今後のサービス】
導入後も、新たなスタッフによる個別のサイズ対応やイレギュラーな納期にも、とりあえず相談にのっていただけるとありがたいです。

ページトップへページトップへ