正しいサイズの測り方

服は身体に合ったものを着るのが基本です。大きすぎても小さすぎても、ちぐはぐで貧相に見えてしまいます。男女で体系は大きく変わりますし、時代により好まれるプロポーションも少し異なます。また 人によって適度と感じる被服圧(締め付け具合)が異なります。上下でサイズが違うのも当たり前のことです。毎日着用する服だからこそ正しくサイズを測り気持ち良く、そして美しく着こなしてください。

正しいサイズを測ってみましょう

サイズの測り方
1.裄丈 身体後ろ中心の首の付け根にくる位置から、袖山を通る袖先までの寸法。
2.バスト レディス:胸の一番高い部分を通り水平にはかった周囲
メ ン ズ:両腕の脇を通り水平に測った周囲
3.肩幅 身体後ろ中心の首の付け根にくる位置を通る、両袖山間の寸法。
4.袖丈 袖山から袖先までの寸法。
5.着丈 身体の首の付け根にくる位置から、裾までの後ろ中心丈。
6.ウエスト 身体の胴の最も細い部分の水平周囲。
7.ヒップ 身体ヒップの最も厚い部分の水平周囲。
8.パンツのウエスト 製品の上端周囲。
9.股上 股から前中心ウエストベルト上端の垂直寸法(前股上寸法)。
10.股下 股から裾までの垂直寸法。
サイズの測り方
1.エプロンの幅 腰巻き位置の身頃幅。
2.前中心丈 身頃部分の裾までの前中心丈。
3.首紐長 首にかけるひも長さ。
4.肩紐長 肩にかけるひも長さ。
5.腰紐長 腰巻き位置の身頃幅+ひも長さ。
6.前掛けの幅 前掛けの身頃の上端幅。
7.総丈 製品の上端から裾までの前中心丈。
8.前掛けの腰紐長 前掛けの身頃の上端幅+ひも長さ。
9.ウエスト 身体の胴の最も細い部分の水平周囲。
10.ヒップ 身体ヒップの最も厚い部分の水平周囲。
11.スカート丈 ウエストベルト下端から裾までの前中心丈。
※総丈の場合、ベルト幅も含む

※普段着用されている下着やインナーを着用して測っていただくと、実際に制服を着用された際、ズレなく快適に着て頂けます。
※男女兼用サイズの場合、男性サイズに合わせて作られているので、男性は普段着られているサイズです。女性は普段着られている女性サイズのワンサイズ下のサイズをお選びください。
※サイズは呼称が同じでも、メーカーごとに実際の大きさは異なります。実はサイズ設定は基本パターン設定とともに、シルエットや包含率(同じサイズでどのくらいの体型までカバーできるかの目安)に大きく影響します。そのため、ブランドコンセプトが違えば、サイズ規格が違うことがあります。
※ご購入を検討される際は必ず、サイズ表をご確認ください。

ページトップへページトップへ